本記事はアフィリエイト・プロモーションを含みます ねこ 保護猫関連 愛媛のこと

【はぴまるの丘】松山市動物愛護施設ってどんなとこ?松山市保健所より移転

2024年3月31日

松山市動物愛護センターはぴまるの丘

2024年3月21日!はぴまるの丘(松山市動物愛護センター)がオープンしました。

松山市保健所【市役所第4別館・三番町6丁目】から移転。

 

天ちゃん
天ちゃん
はぴまるの丘がどんな施設なのか、早速、見ていきましょう!

はぴまるの丘は、松山総合公園内に新しく設立された施設の名称で

【動物譲渡スペース】と【動物啓発活動スペース】の2部構成となっています。

 

  • 動物譲渡エリア

収容されたワンちゃん猫ちゃんを新しい家族につなげるためのスペースです。

また、迷子になったり怪我をした動物を一時的に保護し、元の飼い主や新しい飼い主に引き渡すこともこのセンターの大切な役割です。

 

  • 動物啓発活動エリア

今回、動物たちを愛する心を広めるために、総合管理棟の1階と4階に啓発活動コーナーも、新たに設けました。

 

松山総合公園に来る人々に動物愛護の大切さを伝えるイベントも開催し、動物愛護の意識を高めるとともに、公園の魅力をアップさせる活動に期待が持てそうですね。

 

松山市 はぴまるの丘 動物(犬猫)譲渡エリア

はぴまるの丘という名前は、一般公募で選ばれました。

ハッピーなアニマル → 収容された犬や猫が幸せになるよう、幸せの「ハッピー」と動物の「アニマル」を組み合わせてるそうです。

松山市動物愛護施設はぴまるの丘 外観

 

動物譲渡スペース 施設内の紹介

●木造平屋建て、約200平方メートル(総合公園管理等向い側)

●最大で犬15頭程度、猫86頭程度が収容可能。

●動物の診療室も新たに設置。応急処置など簡単な治療が可能(獣医師が管理等に常駐)

●収容されたワンちゃん猫ちゃんと里親希望者とをマッチングするスペースを設け、譲渡につなげる

 

天ちゃん
天ちゃん
新しく出来た「はぴまるの丘」の施設内はどんなになってるの?

じゃじゃん、とりあえずこんな感じ!入り口から入ったところの写真です。

はぴまるの丘動物譲渡エリア室内紹介

マッチングスペースのイメージ図

はぴまるの丘マッチングスペースイメージ図

参照元 松山市HPより

  • マッチングスペース(譲渡室)上記写真参照
  • 収容室1
  • 収容室2
  • 収容室3
  • 隔離・療養室
  • 衛生室
  • 処置室
まぁちゃん
まぁちゃん
わくわく楽しみだね、もっと奥も見てみたいよーー

残念ながら、一般来場者は、手前のマッチングスペースまでしか入室が許可されていません。

はぴまるの丘施設内

まぁちゃん
まぁちゃん
えええ?そうなの?なんで、奥には入れないの?

感染症対策のため、奥に入ることはできないようです。

 

施設の奥も見てみたいよー、気になるよーーって方は、

まぁちゃん
まぁちゃん
【Ehimeクリップさん】の投稿をチェックしてみてね。写真をスライドすると立ち入り禁止エリアの様子も見えるよ。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

NPOえひめクリップス |@たびねこ(@ehime_clips)がシェアした投稿

 

施設内の様子は、下記の動画でもみれるのでチェックしてみてください。

 

以前の松山市保健所(松山市三番町)に比べて、劇的にキレイになりましたね~~

ビックリです。

なお、この建物の一部は、みなさまからのクラウドファンディングで賄われています。

延べ499の個人・企業の方から、1,081万772円のご寄附をいただき、目標金額を達成したそうです!

動物愛護のためのクラウドファンディングが目標金額を達成

皆様ご協力頂き有難うございまいた。

 

はぴまるの丘 里親募集中の犬猫たちの譲渡の方法

松山市ホームページ(はぴまるの丘(松山市動物愛護センター)にて、今後、譲渡対象のわんちゃん猫ちゃんの写真の掲載していくそうです。

※2024年3月30日現在、収容された犬猫ゼロのため、HP未掲載

 

また、はぴまるの丘の施設内でも譲渡対象の子たちの写真を掲載!

くりまろこ
くりまろこ
総合公園に遊びに来た人が、外からでも見えるように貼りだしてくれてます

松山市はぴまるの丘外観

 

里親募集中情報 はぴまるの丘

 

2024年4月6日 実際に掲示されていた内容

はぴまるの丘 里親募集中予定子猫、迷い犬

掲載情報によると、譲渡可能日は4月12日以降ですが(真ん中のチャトラ2匹は予約済み)

譲渡可能日前でも、気になる子がいたら、職員さんに直接 問合せしてみましょう。

 

step
1
希望の猫ちゃん、ワンちゃんがいたら、職員さんに連絡する!

実際の猫ちゃんわんちゃんは、奥の収容施設にいるため、一般人は見ることが出来ません。

ホームページの写真および、はぴまるの丘内に掲示されている写真を見てチェック!

 

step
2
マッチングスペースでお見合い

松山市動物愛護施設はぴまるの丘マッチングスペース

希望の子を職員さんが、奥の収容スペースから連れてきてくれます。

常駐獣医さん立ち合いのもと、お見合いが実施されるそうです。

【猫ちゃん】

マッチングスペース内のテーブルにキャリー越しにお見合い

感染症等防止のため、基本的に、抱っこなどは出来ないです

イメージ図はココを クリック

【ワンちゃん】

希望の子を、職員さんが奥から連れてきてくれますので、ケージサークル越しにお見合い

わんちゃんマッチングスペースはぴまるの丘

 

step
3
譲渡決定

職員さんと面談(説明)、譲渡の契約を交わして、正式譲渡になります。

基本的に先着順。

こういう色、柄、性別の希望の子がいるって方は、職員さんに相談したら、個別に対応してくれる(かも)

また、今のところ、譲渡のための説明会受講のようなものは設けてないそうです。

 

 

まぁちゃん
まぁちゃん
あれ、この透明窓の中はなに?ガラス越しに猫ちゃんが見えるの?

松山市動物愛護施設はぴまるの丘猫展示エリア

譲渡対象かつ、健康状態の良さそうな子を、この可愛らしいスペースで、将来展示する可能性があるということでした。

まだ、始まったばかりで、未定だそうです。

 

はぴまるの丘 保護した迷い犬、猫の情報

保護された犬猫について、はぴまるの丘で一時的に保護してくれています。

下記のページの下の方に、写真が掲載されていますので、

お心当たりの方はお早めにお迎えに行ってあげてください。(お迎え時間は、原則11時~15時)

問合せ先:はぴまるの丘(089-923-9435)

✅はぴまるの丘 保護犬・保護猫

 

 

 

はぴまるの丘(動物譲渡スペース)その他の設備

●施設内入り口には、消毒セット設置あり

 

●入口のドアは、自動で閉まるドアを採用しています。

来場者さんが万が一閉め忘れても、これだと大丈夫だね。

はぴまるの丘 施設紹介自動ドア

 

●トイレ手前に、手洗い場完備

はぴまるの丘 トイレ手前手洗い場

 

●施設内には、車椅子対応のとてもきれいなトイレが完備

 もちろん、トイレの中にも手洗い場はありますよ。

はぴまるの丘のトイレ

 

●施設内、冷暖房完備(めっちゃ快適です)

 

 

ワンちゃん猫ちゃんを家族に迎えるための 心構え

動物を迎えるための心構え松山市動物愛護施設

動物を迎えるための心構え松山市動物愛護施設

なお、松山市動物愛護施設はぴまるの丘から、一度、譲渡決定してお家に連れて帰った子は、あとでキャンセルは出来ません。

また、トライアルのようなお試し期間もありません。

一人一人が責任を持った行動をお願いします。

 

 

 

 

はぴまるの丘 動物啓発スペース(松山総合公園管理棟内)

●施設面積:約110平方メートル

●松山総合公園管理棟の1階と4階 エレベーター横に啓発活動展示スペース設置

●動物に関連するモニターやパネル展示で、親子連れをはじめ多くの市民の方に動物愛護を啓発

●しつけ方教室や譲渡前講習会などイベントを実施

松山市総合公園管理棟啓発スペース

実際の展示物は、ぜひ、ご自身の目で見てみください。

避難時にどんな物を準備したらよいか等、実物を展示してくれています。

 

松山市総合公園管理棟啓発スペース

管理棟内の【啓発スペース】は、1階も4階もエレベーターの横です。エレベーターを待ってる間に嫌でも目に入りそうな感じです。

小さなお子さんの目にもとまるので、保護犬保護猫への興味・関心・きっかけに、なると嬉しいなぁと思いました。

 

はぴまるの丘(旧松山保健所より移転)アクセス情報

 

 

はぴまるの丘(松山市動物愛護センター)

〒791-8024 愛媛県松山市朝日ヶ丘1丁目 松山総合公園内
無料駐車場完備

 動物譲渡スペース 
利用時間 9時~17時【月曜日休館 年末年始】※月曜日が祝日の場合は翌平日

電話:089-923-9435

E-mail:hceisei@city.matsuyama.ehime.jp

 啓発スペース 
利用時間 9時~17時(年中無休) 
夏季(7月~9月)は午後9時00分まで

生活衛生課
〒790-0813 愛媛県松山市萱町六丁目30番地5 松山市保健所1階
電話:089-911-1862
FAX:089-923-6627
E-mail:hceisei@city.matsuyama.ehime.jp

 

くりまろこ
くりまろこ
ココから下はあくまで、独り言ですよ

はぴまるの丘は、犬猫を保護する施設ではあるのですが、里親さんが決まらない子は、最終的には殺処分となります。

動物園やペットショップ感覚で、ワンちゃん猫ちゃんは?いる?いない?って、通りすがりの人たちの楽しそうな会話を聞いていると、複雑な気持ちになります。

収容されている動物たちが「ゼロ」

ずっと「ゼロ」

そんな場所になりますように

 

最後まで読んでいただき有難うございました。 

4月中旬頃、情報更新予定

 

★★ Sponsored Links ★★

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ねこ, 保護猫関連, 愛媛のこと